要介護認定等の取り消し

市町村は次の場合、要介護(要支援)認定の取り消すことができます。

 

1 被保険者が要介護(要支援)者に該当しなくなったと認めるとき
  (通常の認定と同様の審査判定の手順に従って行われます。)

 

2 正当な理由なく、認定調査や主治医意見書のための診断に応じないとき

 

取り消し効力は、取り消し日以降に発生します。申請日には遡ることはありません。
取り消しを受けた被保険者が介護サービスを受けようとする場合には、改めて認定の申請が必要となります。